この夏、Windows10での開発は諦めモード

Windows10になってからもう3年も経つのかと、つくづく思う。そういう歳だ。当時は、ちょっと戸惑ったけど、何か便利になったような気がした。
Windows10を、初めてプログラム開発環境にしてみようとしたが、壁は高い。
動きももっさりとしてしまい使い物にならん、と思ってはみたもののPCとしては後期高齢の部類、7,8年程前のモデルであることにいまさらながら気が付いた。
グラフィックボードとパワーユニットを交換してるが、DELL製としてはよくもっている。
アップグレードのようなアップデートを何度が経て、とうとうアップデートがロールバックするようになってしまった。
Vistaの頃のVAIO Type-Pを思い出す。あれもアップデートとロールバックで1日つぶれたことが何度もあり、とうとう諦めた。
そんなわけで、もう少し若いやつ、もちろん最初からWindows10だったPCにも、開発環境をインストールしてみる。
記録を見直すと、この若い方のPCですらも3年くらい前のモデル、モデル名に付く番号が600増えていてびっくりしたものだ。
それも、そろそろリプレースの時期となっている。

Windows 10へアップグレード

Windows8は、ことのほか使い辛かったので、いきなりWindows 10へアップグレード。ギョッ、2GB以上もある。



何度かリブートを繰り返し、



え、まだ?





無事立ち直るかな?

やっとでけた。

それにしてもうんざりするのは、別のWindows7のPCもアップデート攻撃が激しくなって、やたら10にアップグレードしろと言われる。

PCリプレース

しばらく使っていいたyogaタブレットPCの解像度が低すぎて作業しづらく感じることもあり、そろそろ買い替え時と思い、デスクトップPCと一緒にまとめて発注してしまった。(仲介してくれる元同僚には感謝してる。)
13インチで高解像度でコンパクトなので少し高くつくわりに、MacBookに比べて注目度はとても低い。
(周りの人たちは見向きもしない。)





とりあえずセットあっぷしただけ。

yoga PC

10万円を切ったということで夏に買ったYogaは初期不良だった。
マウスカーソルが勝手にクリック状態になったままだというのに、電話サポートで、ままならぬ入力を要求され、何度もそれをこなしたものだった。
もちろん、復元してもダメ。見りゃわかるだろうに、マニュアルがあるのだろうそうはゆかない。結局半日費やして、初期不良で改修修理をしていただいた。

仕様自体は悪くないのだが、Windows 8が問題だった。結局、Windowsキーで画面切り替えてアプリを実行する。
サーフェース上には邪魔なパネル(アイコン)がいっぱいあるので大方消した。
最後は Windowsキー+R でアプリを起動する始末。

以前のLenovoのnote PCとあまり重量はかわらないが、画面の解像度が高いところが取り柄かな。

次は、Retina MacBookが10万切るのを狙ってる。



結局コストパフォーマンスの良いASUS ZenBookを購入。
とても軽くてよかったのだが、環境を整える時間がないまま、
リプレースが必要になった家族のPCとして使ってもらうことになった。
今となっては、レノボのEdge 13" はとても重い。

MacBook Air 11インチ欲しい!
昨日書いとけばよかった。誕生日だったので。
MacBookは2台買ったが、重いので持ち歩かないまま、使わなくなっている。Airなら大丈夫かも。

GoogleSyncへ移行

ActiveSync を NuevaSync ( https://www.nuevasync.com/ ) から、GoogleSync (へ移行するのに、どうも設定の変更ができなくてしばらく放置していたが、
結局、現状の MS Exchangeの設定をまるごと消して最初から設定しなおすということだった。

GoogleCalenderを見るために NuevaSync 経由でActiveSyncしていたのだけどGoogleSyncが直接使えるようになったということで( http://www.google.com/support/a/bin/answer.py?hl=jp&answer=135937 )、
Windows Mobile側の設定変更をしようとしたのだけど、これまで何度も「サーバーの構成。。。」というので設定を変更しようとしてはできなくて、いいかげん??な状況になっていた。結局、

「オプション。。。」から、

Microsoft Exchange」を一旦[削除]してから、設定をしなおすというのが解決方法だった。